ブログ

阿波尾鶏の名前の由来について | 炉ばた情緒かっこ蒲田西口

2017.07.26
こんにちは、炉ばた情緒かっこ蒲田西口店です。

徳島県の郷土に根付いた阿波踊り。

徳島県はかつて「阿波の国」と呼ばれており、ここで伝統的に行われていた踊りが阿波踊りとして全国に広まっていきました。



現在でこそ阿波踊りは日本各地で夏になると開催されていますが、

発祥は徳島県でその規模は観客動員数・踊り子の数ともに日本最大級。

実際に行くと本場の迫力に圧倒されてしまいます。

阿波踊りはグループ(連と呼ばれています)ごとに着物や法被のデザインが異なるので、その華やかさも魅力のひとつです。

 

阿波踊りの歴史


400年もの歴史があると言われている阿波踊り。

築城起源説/風流おどり起源説/盆おどり起源説の3つ説が有力ですが、起源ははっきりとはしていません。

藍と塩の交易によって富を得た徳島藩祖・蜂須賀家政が天正14年に徳島に来てからというもの、すでに徳島に根付いていた阿波踊りが豪華になっていったといわれています。

 

阿波踊りにちなんだ徳島の名産物


徳島県に「阿波尾鶏」という地鶏があります。

この阿波尾鶏は日本で有名な地鶏の一つで、生産数は日本一。

現在では管理化された生産体制によって毎年200万羽前後の出荷を誇ります。

 

赤笹鶏軍鶏(シャモ)とホワイトプリマスロック(一般的な食用鶏の品種)を交配させた品種で、噛みごたえのある肉質や、旨味とコクがありつつもさっぱりした脂が評判です。

徳島は阿波踊りが有名なことから阿波尾鶏の名前は他のブランドと差別化を図る上でも非常に良いということで採用されました。

どんな料理でも味が浮かずに美味しく仕上がる万能さも売りです。



阿波踊りのダイナミックさを代弁しているかのような阿波尾鶏。

徳島に行かずとも当店では阿波尾鶏を気軽にお楽しみいただけます。

当店自慢のわらやきや、胸肉を使った削り節が楽しめる豆腐などご用意しております。

また、阿波尾鶏の尺串焼きを楽しめるコース「2時間飲み放題付き全8品『-快-コース』5,000円 (お料理のみ3,700円)」もご用意しております。

 

遠赤外線でじっくり焼き上げる炭火焼きは、

旨味が閉じ込められ豊かな味わい。

希少部位まで楽しめる阿波尾鶏や、

月替わりで旬のものを仕入れる鮮魚など、

全国の「旨い」が集まってます。

心温まる接客はもちろんのこと、おこもり感のある和の座席は、

楽しい時間を落ち着いて過ごせます。

是非、全国各地の「旨い」が味わえる「かっこ」へお越しください。

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店PR担当でした。

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店について

店舗情報

店舗名
炉ばた情緒かっこ蒲田西口店
住所
東京都大田区西蒲田7-2-3 第2醍醐ビル4F
アクセス
JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩1分
電話番号
050-7576-4143
050-7576-4143
営業時間
月〜木・日・祝日
17:00〜翌01:00

金・土・祝前日
17:00〜翌03:00
定休日