ブログ

坂本竜馬も絶賛したわら焼き | 炉ばた情緒かっこ蒲田西口

2017.07.28
こんにちは、炉ばた情緒かっこ蒲田西口店です。

梅雨明け宣言した途端に雨が降るのは常のような気がしますが、これからはゲリラ豪雨や台風などの季節です。

朝は晴れていてもいつ雨が降るかわからないので、どうぞみなさんもお出かけの際には折り畳み傘を忘れないでくださいね。紫外線だけでなく直射日光を避けることでだいぶ体感温度も下がるので、女性の方は晴雨兼用傘がオススメですよ。

今日は当店の新名物「わら焼き」をご紹介します。

 

高知を代表する郷土料理「わら焼き」


正式なかつおの叩きは、藁で焼きます。昔はカツオが獲れる時期に麦藁ができ、どこの家庭でも藁でタタキを作っていたそうです。火力が強く表面を良い焦げ色にしても中の身はふっくら仕上がり、藁の焦げた風味が少し付く事で、カツオの臭みを消し美味しいタタキになります。
他にも漁師のまかない料理説や、鰹節を作る際に残った部位を皮付きのまま串に刺して焼いたとする説。
また、土佐藩主 山内一豊が食中毒防止として鰹の刺身を禁じたため表面のみを焼いて焼き魚と称して食べたられたなど、様々な説が伝えられています。
かっこでは、かつお・八十八鯛・阿波尾鶏をたたきにしてご提供いたします。



そして高知県を代表する郷土料理と言えば「カツオのタタキ」です


あぶった皮の歯応えと赤身のうま味が絶妙なハーモニーを奏でます。高知が誇る幕末の志士、坂本龍馬を描いた2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」でも、福山雅治演じる龍馬がうまそうに食べていました。



藁で焼くタタキはその火力で表面が焦げてしまうことがありますが、そのぶん旨みが凝縮され、カツオの臭みを消してくれます。

 

当店はJR蒲田駅西口から徒歩一分。

「かっこ」は四国の料理を手軽にお楽しみいただけるお店です。

カツオや鯛などの新鮮な海産物や、穏やかな気候で育った

獲れたて野菜をふんだんに使った料理を提供しています。

見た目の豪快さとは裏腹の、繊細な味付けが四国料理の特徴となっています。

遠赤外線でじっくり焼き上げる炭火焼きは、旨味が閉じ込められ豊かな味わい。

希少部位まで楽しめる阿波尾鶏や、月替わりで旬のものを仕入れる鮮魚など、

全国の「旨い」が集まってます。

心温まる接客はもちろんのこと、おこもり感のある和の座席は、

楽しい時間を落ち着いて過ごせます。

居心地のよい空間・接客に日々精進しております。

大小さまざまの個室もご用意しております。

バリエーション豊かな個室はデート、女子会、接待、誕生日、記念日、

忘年会、送別会、歓迎会に最適です♪

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店PR担当でした。

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店について

店舗情報

店舗名
炉ばた情緒かっこ蒲田西口店
住所
東京都大田区西蒲田7-2-3 第2醍醐ビル4F
アクセス
JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩1分
電話番号
050-7576-4143
050-7576-4143
営業時間
月〜木・日・祝日
17:00〜翌01:00

金・土・祝前日
17:00〜翌03:00
定休日