ブログ

瀬戸内海の魚介類、高知産【どろめ】なども | 炉ばた情緒かっこ蒲田西口

2017.06.30
こんにちは、炉ばた情緒かっこ蒲田西口店です。

 

夏に向けて気温も上がってきて、ビールや日本酒が美味しい季節ですね。
当店では、新鮮な瀬戸内海の魚介類を提供しています。

瀬戸の魚は味が深いことで有名で、他では食することのできない貴重なものになっています。


瀬戸内海の新鮮な魚介類



瀬戸内海は瀬戸(狭い海峡)による強い潮流でその流れに揉まれることで、身が引き締まった美味しい魚が水揚げされます。魚の餌となるプランクトンも豊富なので良質な魚が多いのも特徴です。

理由としては、四方の山から流れ出た栄養分が溶け込んだ川の水が海に流れていくため魚の餌となる小さなエビや蟹などが成長しやすい環境にあることが言えます。

このことから瀬戸内海は世界でも稀に見る良質な漁場として名を馳せています。

ぜひ、当店で新鮮な瀬戸内海の味を味わってみてはいかがでしょうか?


高知県産どろめ



さらに当店オススメの魚が高知県産の「どろめ」です。

鰯の稚魚「しらす」を高知では「どろめ」と呼ばれ親しまれています。

どろめを釜茹でしたものを「しらす」と呼んでいる場合もあります。

「どろめ」の旬は9〜6月が一番美味しく食べられるそうです。


高知では昔から食されてきましたが、特に漁港に近い地域の方々は採れたてを生で食べるのが一番美味しい食べ方だそうです。

生のまま酢味噌や三杯酢をつけて食べるのが一般的で、つるりとした食感と磯の香りが口いっぱいに広がります。

高知の漁師さんは「にんにくぬた」などで食べるのが主流になっています。


しかし「どろめ」は鮮度が落ちるのが早く、生のままではその日の夕方までが鮮度の限界だそうです。県外に流通させるのも難しく、地元の一般家庭の食卓にもあがることは少なく高知料理専門店にまでいかないと食べられないと言われています。


高知の祭りで「どろめ祭り」が開催されており毎年新鮮などろめを食べようと多くの観光客が高知を訪れる。また、高知は酒どころとしても有名なので「どろめ」をつまみに酒を飲むという光景がよく見られます。

 

 

当店はJR蒲田駅西口から徒歩一分。

遠赤外線でじっくり焼き上げる炭火焼きは、旨味が閉じ込められ豊かな味わい。

希少部位まで楽しめる阿波尾鶏や、月替わりで旬のものを仕入れる鮮魚など、

全国の「旨い」が集まってます。

心温まる接客はもちろんのこと、おこもり感のある和の座席は、

楽しい時間を落ち着いて過ごせます。

居心地のよい空間・接客に日々精進しております。

大小さまざまの個室もご用意しております。

バリエーション豊かな個室はデート、女子会、接待、誕生日、記念日、

忘年会、送別会、歓迎会に最適です♪

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店PR担当でした。

 

炉ばた情緒かっこ蒲田西口店について

店舗情報

店舗名
炉ばた情緒かっこ蒲田西口店
住所
東京都大田区西蒲田7-2-3 第2醍醐ビル4F
アクセス
JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩1分
電話番号
050-7576-4143
050-7576-4143
営業時間
月〜木・日・祝日
17:00〜翌01:00

金・土・祝前日
17:00〜翌03:00
定休日